理化学研究所  生命機能科学研究センター(2018年4月より)

     分子標的化学研究チーム

   RIKEN Center for Biosystems Dynamics Research (BDR)

   Laboratory for Chemical Biology

TOPIC

“Indolizines Enabling Rapid Uncaging of

Alcohols and Carboxylic Acids by

Red Light-Induced Photooxidation

Kenji Watanabe,* Nodoka Terao, Isao Kii,

Reiko Nakagawa, Takashi Niwa,

Takamitsu Hosoya*

Org. Lett., 2020, in press.

DOI:10.1021/acs.orglett.0c01799

センター名:ライフサイエンス技術基盤研究センター

Center for Life Science Technologies (CLST)

チーム名:Chemical Biology Team

旧名称

2018年4月より新名称     生命機能科学研究センター

Center for Biosystems Dynamics Research (BDR)

チーム名:Laboratory for Chemical Biology

お気軽にご連絡下さい. 連絡先takashi.niwa@riken.jp

博士研究員/テクニカルスタッフ/大学院リサーチアソシエイト(JRA)を募集しています. (JRAに関してはこちら)

**************************************************************************

ABOUT US

当チームは生命科学や創薬の発展に寄与する革新的な化学の創出を目的としています。具体的には、(1) 標的分子のin vivoイメージングを可能にする有用な分子プローブの開発、(2) 分子プローブの効率的な合成法の開発、(3) ケミカルバイオロジーを加速する化学技術(ツール、手法)の開発、(4) 従来法では入手困難な価値ある有機化合物の高効率合成法の開発などが挙げられます。これらの目的を達成するため、創薬化学や有機金属化学などのフィールドを背景に持つ化学の研究者がこのチームに集まっています。研究者の分野を越えた協力により、化学にイノベーションをもたらすことで、現在直面している挑戦的な課題の解決に挑んでいます。 なお、この分子標的化学研究チームは「国立研究開発法人理化学研究所(RIKEN)生命機能科学研究センター(BDR)」に所属しています。

**************************************************************************

NEWS

2020.6.11 Recent Activitiesを更新しました。

2020.5.21 Recent Activities, Publicationを更新しました。 

2020.1.15 Recent Activities などいろいろ更新しました。

2019.9.10 Recent Activities, Publicationを更新しました。

2019.4.8 Recent Activities, Top 写真を更新しました。

2019.1.15 Recent Activities, Publicationを更新しました。

 

2014.11.6 ウェブサイトを開設しました.

 

RECENT ACTIVITIES

・金沢大学医薬保健研究域薬学系 大宮研究室と武田薬品工業の共催によるVirtual    

Symposiumにて講演します(online, 2020/6/24)

「PETイメージングに役立つ新しい反応の開発」 丹羽 節

どなたでもご参加いただけます。詳細情報、参加登録についてはこちらをご覧ください。

・論文が掲載されました(2020/5/12)

“Generation of Alkyl Radical through Direct Exitation of Boracene-Based Alkylborate

Yukiya Sato, Kei Nakamura, Yuto Sumida*, Daisuke Hashizume, Takamitsu Hosoya*,

Hirohisa Ohmiya*

J. Am. Chem. Soc. 2020, in press.

DOI:10.1021/jacs.0c04456

隅田研究員が異動先で継続して

進めた研究成果です。

・共同研究論文が掲載されました(2020/4/9)

“Practical Synthesis of [18F]Pitavastatin and Evaluation of Hepatobiliary Transport Activity in Rats by Positron Emission Tomography

Takayoshi Nakaoka, Yuta Uetake, Ken-ichi Kaneko, Takashi Niwa, Hidenori Ochiai, Satsuki Irie, Yoshie Suezaki, Natsumi Otsuka, Emi Hayashinaka, Yasuhiro Wada, Yilong Cui, Kazuya Maeda, Hiroyuki Kusuhara, Yuichi Sugiyama, Takamitsu Hosoya, Yasuyoshi Watanabe*

Mol. Pharmaceutics 2020, in press.

DOI:10.1021/acs.molpharmaceut.9b01284

丹羽 節 副TLが Thieme Chemistry Journals Award 2020 を受賞しました(2020/1/6)

・瀧本正さんがテクニカルスタッフとして加入しました。(2019/12/12)

“Molecular Renovation Strategy for Expeditious

Synthesis of Molecular Probes”

Takashi Niwa,* Takamitsu Hosoya*

Bull. Chem. Soc. Jpn., 2020, in press.

DOI:10.1246/bcsj.20190310 (Open Access)

分子プローブの迅速合成の実現を目指し

これまで理研で進めてきた反応開発をまとめた

丹羽 節 副TLの日本化学会進歩賞受賞論文です。

・総合論文が掲載されました(2019/12/5)

・論文が掲載されました(2019/11/22)

“HaloTag-based conjugation of proteins to barcoding-oligonucleotides”

Junshi Yazaki, Yusuke Kawashima, Taisaku Ogawa, Atsuo Kobayashi, Mayu Okoshi, Takashi Watanabe, Suguru Yoshida, Isao Kii, Shohei Egami, Masayuki Amagai, Takamitsu Hosoya, Katsuyuki Shiroguchi, Osamu Ohara

Nucleic Acids Res. 2020, 48, e8. DOI:10.1093/nar/gkz1086

[理研プレスリリース]

・信州大学で講演しました(信州大学伊那キャンパス, 2019/11/12)

「PETイメージングに役立つ新しい反応の開発」 丹羽 節

・西日本私立小学校理科部 半日研修会 で講演しました(雲雀丘学園小学校, 2019/11/6)

「理化学研究所での研究活動と社会貢献までの道のり」 丹羽 節

・磯田紀之研究員が退職しました。(2019/9/30)

・総合論文が掲載されました(2019/9/11)

“芳香族フッ化物の脱フッ素ホウ素化”

丹羽 節, 細谷孝充, 有機合成化学協会誌 2019, 77, 883–894.

DOI:10.5059/yukigoseikyokaishi.77.883

・27th International Society of Heterocyclic Chemistry で発表しました

(京都, 2019/9/1–6)

「Development of On-Demand Bioconjugation/Deconjugation Platforms」

Kenji Watanabe, Takashi Niwa, Takamitsu Hosoya

・隅田有人研究員が金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 に転出しました。(2019/8/31)

・寺尾和花さん、中岡光妃さんがパートタイマーとして加入しました。(2019/8/20)

丹羽 節 副TLがOMCOS 20にて

 ポスター賞を受賞しました(2019/7/25)

受賞テーマ「Cu-Catalyzed Defluoroborylation for Facile Synthesis of Fluoroalkenes」

・論文が掲載されました(2019/6/24)

“Synthesis of (2,2-Diborylvinyl)arenes by Rhodium-Catalyzed Desulfanylative gem-Diborylation of 2-Arylvinyl Sulfides”

Yuta Uetake, Motoyuki Isoda, Takashi Niwa*, Takamitsu Hosoya*

Org. Lett. 2019, 21, 4933–4938.

DOI:10.1021/acs.orglett.9b01253

19th European Symposium on Fluorine Chemistryで発表しました

(Warsaw, Poland, 2019/8/25–31)

「Convergent synthesis of fluoroalkenes using a bis-reactive unit」

Takashi Niwa, Motoyuki Isoda, Yuta Uetake, Takamitsu Hosoya

OMCOS 20(20th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis)で発表しました(Heidelberg, Germany, 2019/7/21–25)

「Cu-Catalyzed Defluoroborylation for Facile Synthesis of Fluoroalkenes」

Takashi Niwa, Motoyuki Isoda, Yuta Uetake, Takamitsu Hosoya

第54回天然物化学談話会で発表しました(天然物化学談話会奨励賞受賞講演, 2019/7/4)

「PETイメージングに役立つ新しい反応の開発」

丹羽 節

ICHAC2019(International Conference on Heteroatom Chemistry)で発表しました(Prague, Czech Republic, 2019/6/30~7/5)

OC18B「Nickel/Iridium-cocatalyzed Photoredox Coupling Using Recyclable Boracene」

Yuto Sumida, Tomoe Sumida, Midori Rikitake, Daisuke Hashizume, Takamitsu Hosoya

「生命科学研究に役立つホウ素化反応の開発」

丹羽 節

3rd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences (ISRS 2019)で発表しました(Beijing, China, 2019/5/26~31)

O-29「Palladium/Copper-mediated Rapid 11C-Cyanation of (Hetero)arylstannanes」

Zhouen Zhang, Takashi Niwa,Yasuyoshi Watanabe, Takamitsu Hosoya

P-089「Facile Radiosyntheses of [11C]Tetrazoles and [11C]Triazines from (Hetero)Arylborons」

Zhouen Zhang, Takashi Niwa, Yasuyoshi Watanabe, Takamitsu Hosoya

・日本薬学会 第139年会(幕張メッセ)で発表しました(2019/3/21~23)

21T-am02「光親和性プローブ候補化合物の簡便合成のためのアジド基置換アリールトリフルオロメチルジアジリジンの開発」

渡辺 賢司・津田 準平・落合 秀紀・丹羽 節・細谷 孝充

21M-am05「ボリル( フルオロ )( トシルオキシ )エチレンを合成素子としたモノフルオロアルケン類の収束的合成」

磯田紀之・植竹裕太・丹羽 節・細谷孝充

21M-am10「高選択的有機基転移能を有する有機ホウ素化合物の開発」

隅田有人・隅田ともえ・橋爪大輔・細谷孝充

・日本化学会 第99春季年会(甲南大 岡本キャンパス)で発表しました(2019/3/17~19)

1F2-05「ボリル(フルオロ)(トシルオキシ)エチレンを用いたモノフルオロアルケン類の収束的合成法の開発」

磯田紀之・植竹裕太・丹羽 節・細谷孝充

1D1-36「Rapid 11C-Cyanation of (Hetero)arylstannanes Mediated by Combined Use of Pd and Cu Complexes」

ZHANG, Zhouen; NIWA, Takashi; WATANABE, Yasuyoshi; HOSOYA, Takamitsu

3D1-08「再利用可能な有機ホウ素分子を用いたNi/Ir協働触媒による可視光レドックスカップリング反応の開発」

隅田有人・隅田ともえ・力武 緑・橋爪大輔・細谷孝充

3F6-27「光親和性標識プローブの迅速な開発を指向したアジド基置換アリールトリフルオロメチルジアジリジンの開発」

渡辺賢司・津田隼平・落合秀紀・丹羽 節・細谷孝充

・Chinese University of Hong-KongのProf. Gavin Chi Tsui先生に講演して頂きました(2019/2/22)

「A Three-Pronged Approach to the Development of New Trifluoromethylation Reactions 」

・論文が掲載されました(2018/11/15)(2019/1/15プレスリリース)

“Association between aromatase in human brains and personality traits”

Kayo Takahashi, Takamitsu Hosoya, Kayo Onoe, Tadayuki Takashima, Masaaki Tanaka, Akira Ishii, Yasuhito Nakatomi, Shusaku Tazawa, Kazuhiro Takahashi1, Hisashi Doi, YasuhiroWada Yasuyoshi Watanabe*

Sci. Rep. 2018, 8, 16841.

DOI:10.1038/s41598-018-35065-4

隅田 有人研究員が平成30年度 日本薬学会 近畿支部 奨励賞を受賞しました(2018/12/17)

受賞テーマ「再利用可能な有機ホウ素化合物ボラセンを用いた選択的有機基転移剤の開発」

磯田 紀之研究員が第41回フッ素化学討論会でポスター賞を受賞しました!(2018/10/26)

受賞テーマ「ボリル(フルオロ)アルケンを用いたモノフルオロアルケン類の合成法の開発」

“Divergent synthesis of photoaffinity probe candidates by click reactions of azido-substituted aryltrifluoromethyldiazirines”

Kenji Watanabe, Junpei Tsuda, Hidenori Ochiai, Takashi Niwa, Takamitsu Hosoya*

Heterocycles. 2019, 99, 1366–1387.

DOI:10.3987/COM-18-S(F)76

“Palladium(II)-mediated rapid 11C-cyanation of (hetero)arylborons”

Zhouen Zhang,* Takashi Niwa, Yasuyoshi Watanabe, Takamitsu Hosoya*

Org. Biomol. Chem. 2018, 16, 7711–7716.

DOI:10.1039/C8OB02049C

CL47-10-1539045409647.jpg

“Hydrosilyl Group-Directed Iridium-Catalyzed peri-Selective C–H Borylation of Ring-Fused (Hetero)Arenes”

Yuto Sumida,*1 Ryu Harada, Tomoe Sumida, Daisuke Hashizume, Takamitsu Hosoya*

Chem. Lett., 2018, 47, 1251–1254.

DOI:org/10.1246/cl.180594

Editor's Choiceに選ばれました.

10月号のfront coverに選ばれました.

RIKEN (BDR)

Hosoya Lab. @TMDU-IBB

6-7-3 Minatojima minamimachi, Chuo-ku

Kobe, Hyogo 650-0047, JAPAN

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3

〒101-0062 

東京都千代田区神田駿河台 2-3-10

2-3-10 Kandasurugadai, Chiyoda-ku

Tokyo 101-0062, JAPAN

〒101-0062東京都千代田区神田駿河台 2-3-10

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now